相続財産に農地がある場合

こんにちは!

はうすナビ、エイチ・マリー行政書士事務所、行政書士の島元則行(しまもとのりゆき)です!


本日は、相続財産に農地がある場合について、お話しさせていただきます!


農地〔田や畑)の相続は、通常の土地の相続とは異なる手続きや注意点があります。

農地は、農地法によって厳しく規制されており、農地の権利移動や転用には、農業委員会の許可や届出が必要になります。

また、農地の相続には、相続税の納税猶予の特例や農地の評価方法など、税務上の特別な措置もあります。


農地を相続した場合、その後の活用方法としては、以下のような選択肢が考えられます。

①農地をそのまま農地として利用する

②農地を宅地などに転用する

③農地を売却する

④農地を貸し出す

⑤農地を相続放棄する


これらの選択肢には、それぞれメリットとデメリットがありますので、自分の状況や目的に合わせて慎重に検討する必要があります。


農地の相続に関する手続きや法律は非常に複雑ですので、不明な点や困ったことがあれば、行政書士に相談することをおすすめします!

相続のお困りごと、些細なことでもいつでも、相続の専門家までご相談ください。

行政書士 島元則行

----------------------------------------------


福岡市東区、糟屋郡の不動産売却をご検討中の方は

ぜひ弊社へ、お問合せください!

TEL:092-624-0039/FAX:092-409-6280




ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

092-624-0039

営業時間
10:00-19:00
定休日
-

島元則行の画像

島元則行

資格:宅地建物取引士、行政書士、住宅ローンアドバイザー

不動産売却・不動産購入専門家、相続専門家として、お客様へは公正でプロの目線で信頼できる情報を提供いたします。自社商品を売り込む営業マンとは違い、お客様に寄り添うナビゲーターとして、福岡市東区・糟屋郡のお客様に幸せをもらたす不動産売却・購入、相続を実現することをお約束いたします。

島元則行が書いた記事

関連記事

スタッフブログ

売却査定

お問い合わせ