エンディングノートは必要なの??

こんにちは!

はうすナビ、エイチ・マリー行政書士事務所、行政書士の島元則行(しまもとのりゆき)です!


本日は、エンディングノートについて、お話しさせていただきます!




エンディングノートとは、自分の終末期や死後について、その方針などを書き留めておくノートのことです。


具体的には、葬儀の指定や費用の内容、墓地や墓石に関する情報、遺産相続や遺言書についての希望など、家族や友人に伝えておきたいことを記録しておくためのものです。


エンディングノートは法的効力はありませんが、万が一の事態に備えて、家族がその指示に従って行動することが可能になります。


また、自分の人生を振り返り、今後に生かすための整理ツールとしても利用されます。


書店や文房具店、インターネット通販で購入でき、100円均一ショップなどでも手に入れることができます。


エンディングノートには、自分の基本情報、財産・資産、医療・介護の希望、葬儀・お墓に関する希望など、様々な項目を記入することが推奨されています。


これにより、家族の負担を減らし、自分の意思を伝えることができます。また、遺言書とは異なり、生きている間のことについても書くことができるため、終活の一環としても有用です。


相続に関する手続きや法律は複雑ですので、不明な点や困ったことがあれば、行政書士などの専門家にご相談することをおすすめします!

相続のお困りごと、些細なことでもいつでも、相続の専門家までご相談ください。

行政書士 島元則行

----------------------------------------------


福岡市東区、糟屋郡の不動産売却をご検討中の方は

ぜひ弊社へ、お問合せください!

TEL:092-624-0039/FAX:092-409-6280

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

092-624-0039

営業時間
10:00-19:00
定休日
-

島元則行の画像

島元則行

資格:宅地建物取引士、行政書士、住宅ローンアドバイザー

不動産売却・不動産購入専門家、相続専門家として、お客様へは公正でプロの目線で信頼できる情報を提供いたします。自社商品を売り込む営業マンとは違い、お客様に寄り添うナビゲーターとして、福岡市東区・糟屋郡のお客様に幸せをもらたす不動産売却・購入、相続を実現することをお約束いたします。

島元則行が書いた記事

関連記事

スタッフブログ

売却査定

お問い合わせ